武井咲が主演した『アスコーマーチ』の原作漫画の作者「アキヤマ香」はどこ高校出身?

埼北エリアの小ネタを
クイズ形式でお届けする
【知ってる?】シリーズ

今回は、読者の方から教えていただいた問題!
武井咲が主演した『アスコーマーチ』の原作漫画の作者「アキヤマ香」はどこ高校出身?

<出典:テレ朝動画

  1. 本庄高校
  2. 深谷高校
  3. 本庄東高校
  4. 深谷商業高校

 

 


答えは1
本庄高校


ソースはコチラの本庄高校同窓会サイト↓

<出典:埼玉県立本庄高等學校同窓会

2014年に本庄市立図書館でアキヤマ香さんが講演会を開催した時の様子が書かれています。

アキヤマ香さんは2006年に集英社『別冊YOU』で漫画家デビュー。
武井咲さんが主演して実写ドラマ化された『アスコーマーチ!〜県立明日香工業高校行進曲〜』が有名ですが、他にも、2019年に橋本愛さん主演で実写ドラマ化された『長閑の庭(のどかのにわ)』など話題作を多数発表しています😀

<出典:Kiss

▲『長閑の庭(のどかのにわ)』は、23歳の大学院生と64歳の教授の「年の差恋愛」を描いた作品👀

2020年4月現在、アキヤマ香さんは双葉社発行の雑誌「Jourすてきな主婦たち」で『それでも男は信じません』を連載中です✨

<出典:双葉社

気になった方は読んでみてはいかがでしょうか。

ちなみにコチラのサイトによると、アキヤマ香さんが原稿を描く時の必須アイテムはサングラスだそうです。
原稿に光を当てて描くそうで疲れ目予防にとのこと。それと、紅茶&ちょっとしたお菓子。

次回の【知ってる?】シリーズもお楽しみに!

※「離乳食大変」さん、情報提供ありがとうございました。

漫画アプリ「comico」でランキング入りしている『復讐の赤線』の作者・葉山いずみは深谷市出身!【その他】

2019.12.15

※記事内の情報は2020年4月9日時点のものです。

スポンサードリンク