ドトールコーヒーを設立した鳥羽博道は埼北エリアのどこ出身?【知ってる?】

埼北エリアの小ネタを
クイズ形式でお届けする
【知ってる?】シリーズ

今回は、読者の方から教えていただいた問題!
ドトールコーヒーを設立した鳥羽博道はどこ出身?

〈出典:ドトールコーヒー〉

  1. 熊谷市
  2. 深谷市
  3. 本庄市
  4. 神川町

 

 


答えは2
深谷市


ドトールコーヒーと言えば、皆さんご存知のコーヒーショップ。
その創業者は鳥羽博道さんで、出身は深谷市なんだそうです!

鳥羽さんは深谷市に生まれ、深谷商業を中退後、上京し飲食業界に。
その後ブラジルへ渡りコーヒー農園の現場監督になったそうです。
帰国後にドトールコーヒーを設立。
原宿に「ドトールコーヒーショップ」を開店し、2000年には東証1部に上場。(現在は上場廃止)
今では全国に1,300店舗以上あるんだとか。

埼北エリアだと、熊谷市に1店舗・深谷市に2店舗あります。

ちなみに、ドトールコーヒーの由来ですが、
「ドトール」(doutor)とは、ポルトガル語で、「医者・博士」の意味で、英語の「doctor」に当たるそう。
鳥羽さんがブラジルのコーヒー農園で働いていた時の下宿先がサンパウロの「ドトール・ピント・フェライス通り85番地」であったことからこの名前になったみたいです。
〈参考:wikipedia

※「TM」さん、情報提供ありがとうございました。

次回の【知ってる?】シリーズもお楽しみに!


※記事内の情報は2019年5月20日時点のものです。

スポンサードリンク