寄居町オリジナルビール「寄居蜜柑ビール」の販売がスタートしたみたい。さっそく飲んでみた!

寄居町オリジナルビール「寄居蜜柑ビール」の販売がスタートしたみたいです!

<出典:寄居蜜柑ビールオフィシャルサイト

オフィシャルサイトによると、
「豚食文化のある寄居町で、豚肉と特産である寄居蜜柑のマリアージュを楽しむシーンをつくりたい」
「今、寄居町には地酒と呼べるものがないので、地元の名を冠したお酒をつくり町を盛り上げたい」
そんな想いを抱いていた寄居町内の事業者有志が「寄居のビールをつくる会」を結成し、2017年に秩父市で誕生したマイクロブルワリー「秩父麦酒」とコラボし、寄居町オリジナルのビール「寄居蜜柑ビール」を開発したそうです🍻


<出典:寄居蜜柑ビールオフィシャルサイト

てなわけで、寄居駅前の金太郎でさっそく飲んできました!

▲解禁日当日の7/24
バドガールならぬ寄居蜜柑ビールガールが!


▲泡はあまり立たない感じ。
飲んでみたところ、スッキリした味わいでかなりイイです!
嫌な甘ったるさがなく喉越しも爽やか♪
ほんのりとした蜜柑の風味がこれからの季節にもぴったりです!


▲アルコール分は4%なので女性の方にもオススメです!

「寄居蜜柑ビール」が飲めるお店や詳細は公式ホームページで確認できますので興味がある方はチェックしてみてください。また、小売店では「高橋酒店」「道の駅おがわまち」の2ヶ所で販売するとのこと。
今後は寄居町内にあるスーパーでも販売を調整中とのこと😀

先日は深谷で初のクラフトビール「深谷 渋沢栄一クラフトビール」が誕生しましたし、埼北エリアの地ビールが増えてきて面白いですね!

深谷 渋沢栄一クラフトビール↓


深谷市西島町の「武州自慢鑑 藍染カフェ」は明日オープン。深谷初のクラフトビールも。

2020.07.17

 

関連リンク/寄居蜜柑ビールオフィシャルサイトFacebook


※記事内の情報は2020年7月24日時点のものです。

スポンサードリンク