2021年大河ドラマは深谷市出身の偉人「渋沢栄一」が主人公みたい。タイトルは『青天を衝(つ)け』【その他】

2021年に放送される第60作目の大河ドラマの主人公が深谷市出身の偉人「渋沢栄一」に決まりました!

<出典:NHK

タイトルは『青天を衝(つ)け』で、主演は吉沢亮さん✨


<出典:深谷市

深谷市も発表とほぼ同時にホームページを更新✨

▲ふっかちゃんも喜びのツイート😀

『青天を衝(つ)け』の概要
“大河新時代” 第2弾、4Kフル撮影による大河ドラマ第60作。
その主人公は、新一万円札の顔としても注目される「渋沢栄一」です。

「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一は、約500もの企業を育て、
同時に約600の社会公共事業にも関わりました。
晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補にも2度選ばれています。

幕末から明治へ。時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、
青天を衝くかのように高い志を持って未来を切り開きました。

「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、
近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢は、生涯青春の人でした。

2021年、若き心で挑戦を続けた男・渋沢栄一との出会いにご期待ください
<引用:NHK


2020年夏クランクイン予定とのこと✨
深谷市でも撮影があるのでしょうか!?

まだまだ渋沢栄一ブーム(?)は終わりそうにありませんね😀

2021年 大河ドラマ『青天を衝け』
◆放送予定/2021年1月~
◆制作統括/菓子浩、福岡利武
◆プロデューサー/板垣麻衣子
◆演出/黒崎博、渡辺哲也 ほか
◆関連リンク/NHK 

〜おまけ〜
渋沢栄一のことを楽しく知りたい!という方は…
オリエンタルラジオの中田敦彦さんが「中田敦彦のYouTube大学」ですごく分かりやすく解説しています↓




時間がある方は観てみては💡


※記事内の情報は2019年9月9日時点のものです。

スポンサードリンク