深谷市深谷にある「糸屋製菓店」の『翁最中と五家宝』【さいつうグルメ】

『さいつう』スタッフが実際に食べに行って、美味しかったお店を紹介するシリーズ。
今回は、深谷市深谷にある
『糸屋製菓店』

FullSizeRender-11

【地図はコチラ】

創業は今から110年前の1908年(明治41年)で、現在のご主人で4代目とのことです。

FullSizeRender-01
▲お店の横と裏側に駐車場があります。(合計で10台駐車可)

IMG_5459
IMG_5457
▲店舗裏の駐車場はこんな感じです。

今回『さいつう』スタッフが購入したのは
『翁最中・小 ¥120(税込)大 ¥216(税込)

※金額はH30年1月30日現在のものです。
FullSizeRender-13
FullSizeRender-15
▲初代店主が好きだったという能の「翁」をデザインに取り入れた名物最中。
原材料はすべて国産のものを使用していて、添加物・保存料は一切使っていないそうです。

FullSizeRender-17
▲手づくりの餡がぎ〜っしり!甘過ぎない自然な甘みが口の中に広がります♪

FullSizeRender
▲小さい方の『翁最中』も餡がぎっしりでした!


『五家宝(細巻28本) ¥1,200(税込)
※金額はH30年1月30日現在のものです。FullSizeRender-12
深谷の地図が書かれた包装紙で包まれています。

FullSizeRender-09

五家宝とは

埼玉県で生産・販売されている和菓子の一つである。
おこし種を水飴などで固め棒状にした芯をきな粉に水飴などを混ぜた皮で巻き付け、さらにきな粉を表面にまぶしたものであり、青色のものは青大豆を用いて製造されている。
埼玉県熊谷市の銘菓として知られ市内各地に取扱店舗があるほか、まれに公立小中学校の学校給食に出ることがある。
草加市の草加煎餅・川越市の芋菓子と共に埼玉の三大銘菓とされており、埼玉の音風景・かおり風景10選の一つ(かおり風景)にも認定されている。
熊谷市では「五嘉棒」の名で文政年間に熊谷で売り出され、その後「五嘉宝」「五箇宝」表記を経て、「五穀は家の宝である」という祈りを込めて現在の表記となったと紹介している。

<引用:Wikipedia>

FullSizeRender-04
FullSizeRender-02
▲きなこの香りと、もち米の食感の組み合わせが絶妙です!
上品な優しい甘みで美味しい♪
贈り物にも最適ですね。

FullSizeRender-08


ごちそうさまでした!
美味しかったです!
伝統の味を皆さんも是非!

…………………………………………………
◆店名/糸屋製菓店
◆住所/埼玉県深谷市深谷8ー5
◆電話/048-571-0167
◆営業時間/9:00~16:45
◆定休日/水曜日
◆駐車場/あり
………………………………………………… 

※記事内の情報は2018年1月29日時点のものです。

スポンサードリンク