秩父鉄道のヘッドマークがアマビエになってる

この記事は〈コーギーラン@さいつう〉が書きました!

秩父鉄道のヘッドマークが「アマビエ」になっています。

これは秩父鉄道が4/23から始めたキャンペーンで、
疫病よけにまつわる伝説をもつ妖怪「アマビエ」とアマビエに扮した秩父鉄道のキャラクター「パレオくん」が描かれたデザインのヘッドマークを掲出して運行するというもの!
ヘッドマークには新型コロナウイルスの流行が少しでも早く終息するよう、願いが込められているそうです。

秩父鉄道ホームページ↓

〈出典:秩父鉄道

コチラがヘッドマーク↓

〈出典:秩父鉄道

ということで自宅周辺で、アマビエのヘッドマーク車両を狙って撮影!



ついでに熊谷ラグビーワールドカップのヘッドマークを紹介♪



▲あの頃の熱戦が思い出されますね!

コチラは秩父鉄道創立120周年記念で、昨年デビューした新車両『彩色兼備』



▲東秩父「天空のポピー」、長瀞「月の石もみじ公園」等が描かれたラッピング車両。
才色兼備の才を彩に置き換えて、秩父鉄道沿線地域が美しい景色や美味しいものを備えていることを表現しているそう。

もしアマビエヘッドマーク車両に遭遇したら新型コロナ終息の願いをこめてみてはいかがでしょうか。

◆関連リンク/秩父鉄道


※記事内の情報は2020年5月20日時点のものです。

スポンサードリンク