高島礼子・黒谷友香出演映画『祈り―幻に長崎を想う刻―』の撮影を深谷市で行うみたい。エキストラ募集してる。【その他】

高島礼子さん、黒谷友香さんが出演する映画『祈り―幻に長崎を想う刻―』の撮影が深谷市で行われるみたいです。


それにともないエキストラを募集しています。

この映画の原作は、長崎県長崎市出身の劇作家・田中千禾夫さんが1959年に発表した戯曲『マリアの首』で、内容は「1957年(昭和32年)復興が進む長崎で、原爆で焼けた浦上天主堂の解体を耳にした主人公の2人が、密かに被爆マリア像を盗む計画を立てる」というものだそうです👀

公開は2020年5月にニューヨーク国連本部で上映され、その後7月に長崎、9月に全国ロードショーの予定だそうです🎬

ちなみに撮影場所は「七ツ梅酒造跡」💡




(モノクロに加工してみてみました💻)

今年は終戦から75年の節目の年👀
興味のある方はコチラから申し込んでみては😀

【概要】
◆出演者/高島礼子、黒谷友香、柄本明、村田雄浩、温水洋一、寺田農ほか
◆撮影日時/2020年1月18日(土)〜1月21日(火)
◆撮影予定地/七ツ梅酒造跡
◆年齢・募集人数/20代以上の男女(黒髪)各15~20名
◆役柄/合同市場の店主及び客
◆服装/可能な限り自前で(昭和32年の冬設定、シンプルなシャツやセーター等あれば持参希望)。靴もなるべくキャンパス地のスニーカーや革靴、ヒールの太いパンプスあれば持参希望。

詳細はコチラから→深谷フィルムコミッション&ふかや映画祭ブログ


※記事内の情報は2019年12月31日時点のものです。

スポンサードリンク