「深谷シネマ」ご協力のもと
数ある上映作品の中から
『さいつう』が独断で3つを紹介する

今月の「深谷シネマ」おすすめ映画情報!


まず1つ目は

『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』
◆上映期間:11/5(日)~11/11(土)
index_premier_bg

© British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016
  • 監督:スティーヴン・カンター
  • 出演:セルゲイ・ポルーニン/ガリーナ・ポルーニナ/ほか

英国ロイヤル・バレエ団で名をはせるものの、数年で退団したバレエ界の異端児セルゲイ・ポルーニンを追ったドキュメンタリー。退団後に発表された「Take Me To Church」のミュージックビデオで再び注目を浴び、類いまれな才能を持て余す彼の知られざる素顔を、本人や家族、関係者のインタビューから解き明かす。『ピクシーズ/ラウド・クァイエット・ラウド』などのスティーヴン・カンターが監督を務める。
〈HP/http://www.uplink.co.jp/dancer/






続いて2つ目

『パターソン』
◆上映期間:11/19(日)~12/2(土)
jim-jarmusch-on-the-poetry-of-paterson-1479921724
©2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.
    • 監督:ジム・ジャームッシュ
    • 出演:アダム・ドライヴァー/ゴルシフテ・ファラハニ/永瀬正敏/ほか

    『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュが監督を務め、アダム・ドライヴァーが主人公を演じたドラマ。詩をつづるバスの運転手の日常を映し出す。共演はゴルシフテ・ファラハニや、ジャームッシュ監督作『ミステリー・トレイン』にも出演した永瀬正敏ら。アメリカの詩人ロン・パジェットによる詩の数々が、作品に趣を与えている。
    〈HP/http://paterson-movie.com/





    最後3つ目

    『幼な子われらに生まれ』
    ◆上映期間:11/26(日)~12/9(土)
    osanago_01
    (C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会
    • 監督:三島有紀子
    • 出演:浅野忠信/田中麗奈/宮藤官九郎/寺島しのぶ/ほか

    直木賞作家・重松清の小説を映画化。再婚した中年サラリーマンが、現在の妻とその連れ子、前妻と暮らす実の娘、そして新たに授かった命をめぐり、家族との関係を模索する。主人公に浅野忠信、その妻を田中麗奈が演じるほか、宮藤官九郎、寺島しのぶらが共演。監督を『しあわせのパン』などの三島有紀子、脚本を『ヴァイブレータ』などの荒井晴彦が担当する。
    〈HP/http://osanago-movie.com/





    以上、『さいつう』が選ぶおすすめ3作品でした!
    「深谷シネマ」で是非ご鑑賞ください! 


    深谷シネマ

    b355e9be-s

    【地図はコチラ】


    ◆料金     
    • 一般 :1,100円    
    • 障がい者:900円    
    • 高校生:800円    
    • 小・中学生:700円    
    • 幼児(3歳以上):500円    
    • 親子ルーム使用料:1,000円(パパママ応援ショップ優待カードをお持ちのお客様は無料)  

    ◆住所/埼玉県深谷市深谷町9-12
    ◆電話/048-551-4592
    ◆休館日/火曜日
    ◆HP/http://fukayacinema.jp

     …………………………………………………
    ※記事内の情報は2017年11月3日時点のものです。

    スポンサードリンク