熊谷市妻沼にある国宝「妻沼聖天山」で23年ぶりに御本尊御開扉が行われるみたい。【イベント情報】

平成31年416日(火)〜22日(月)
熊谷市妻沼にある国宝「妻沼聖天山」で23年ぶりに御本尊御開扉が行われるみたいです。

<出典:くまがや市商工会

【地図はコチラ】

妻沼聖天山にて「国宝妻沼聖天山開創840周年記念 重文秘仏御本尊御開扉」が執り行われます。
平成最後の月に23年ぶりに行われる御開扉、この貴重な機会に是非ご参集ください。
期間中は境内および周辺にて、お稚児パレード、神輿渡御、柴燈大護摩・火渡り、奉納相撲大会および剣道大会、民謡流し、妻沼太鼓など盛りだくさんの催しを予定しております。 当商工会も、楽しい企画とともに模擬店を出店します。
<引用:くまがや市商工会

パンフレット↓



<出典:(一社)熊谷市観光協会
御開扉にあわせて様々なイベントも開催されるみたいです。

昨年8月頃撮影した「妻沼聖天山」周辺↓






「歓喜院聖天堂」は高野山真言宗の仏教寺院で、日本三大聖天の一つとされています。
平成24年(2012年)7月9日に聖天堂(本殿)が国宝に指定されました。


<出典:(一社)熊谷市観光協会

23年ぶりに行われる御開扉。
豪壮華麗な本殿外壁などを楽しみながら貴重な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか✨

【概要】
◆開催期間/平成31年4月16日(火)~22日(月)
◆場所/妻沼聖天山 大師堂(埼玉県熊谷市妻沼1511)
◆拝観時間/10:00~16:00(当日受付時間:9:30~15:30)
◆拝観料(当日受付志納金)/3,000円(一般)または、10,000円(特別)
※本殿「歓喜院聖天堂」の彫刻観覧を含みます。
※中学生以下は保護者が一緒ならば無料で入場できます。

◆関連リンク/妻沼聖天山歓喜院くまがや市商工会(一社)熊谷市観光協会


※記事内の情報は2019年4月15日時点のものです。

スポンサードリンク