深谷駅市民ギャラリーで「大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』全国巡回展 in 深谷市」がやってる。2/11(月・祝)まで。【まち情報】

深谷駅市民ギャラリーで「大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』全国巡回展 in 深谷市」が開催中です。

『いだてん〜東京オリムピック噺〜』とは
2019年1月6日より放送のNHK大河ドラマ第58作目の作品。
日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックから、幻となった東京オリンピック(1940年の予定が、戦争で返上)開催を決めた1936年(昭和11年)のベルリンオリンピック(1936年)を挟んで、1964年(昭和39年)の東京オリンピック開催までの52年間の知られざる歴史を章立てに分け、日本人初のオリンピック選手となった「日本のマラソンの父」金栗四三と、東京オリンピック招致に尽力した田畑政治(日本水泳連盟元会長)の2人の主人公をリレーする形式で描く。
主人公が作中で変わる「リレー形式」となるのは『葵 徳川三代』以来19年ぶり。
物語は五代目古今亭志ん生が語る架空の落語『オリムピック噺』の語りにのせて進行するという形式で、随所に志ん生自身の人生も挿入され、その視点で見た明治から昭和までの東京の変遷も描かれる。
<引用:Wikipedia


▲チラシ


▲展示会場の深谷駅

【地図はコチラ】




▲このイベントは、『いだてん』のパネル紹介や実際の衣装・小道具を見ることができる『いだてん』好きな方にはたまらないイベント。


▲まずはギャラリー2へ。


▲会場入口で『いだてん』グッズをいただきました✨✨


▲「NHK思い出の大河ドラマパネル展」を堪能😀










▲パネルで過去の大河ドラマを振り返りながら、好きな作品などを思い出したりしました✨
皆さんはどの作品が好きですか?


▲先に進むと、出演者の衣装が展示されていました✨


▲実際の衣装✨


▲続いてギャラリー1の会場へ。


▲「ギャラリー1」では、ストーリーや登場人物をわかりやすく写真パネルで紹介する「番組紹介ゾーン」、番組の見どころ映像などを上映する「映像展示」、「小道具の展示」、出演者の「サイン色紙展示」などが展示されていました😀
ちなみに「サイン色紙」は撮影禁止です👀

【ギャラリー1の様子】







▲番組の内容等が一目で分かる写真パネルエリア




▲実際に使用された小道具の数々。






▲以前記事にしましたが、永山絢斗さんが演じる野口源三郎は、深谷市出身です💡

「第13回ふかやシティハーフマラソン」に俳優の永山絢斗が応援に駆けつけるみたい。【その他】

2019.02.02



コチラのイベントは入場無料!
開催期間は2月11日(月・㊗️)まで!

『いだてん』好きな方は是非💡

【概要】
大河ドラマ「いだてん」全国巡回展 in 深谷市
◆主催/NHKさいたま放送局
◆日時/2019年2月5日(火)~2月11日(月・祝)午前10時~午後5時 ※入館は閉館の30分前まで
◆会場/深谷駅市民ギャラリー(埼玉県深谷市西島町3-1-8
◆主な展示/番組紹介ゾーン、サイン色紙展示、映像展示、出演者の衣装や小道具の展示 ※変更の場合があります。あらかじめご了承ください。
◆観覧/入場無料
◆関連展示/「テレビの美術をのぞいてみよう!」*2019年2月9日(土)のみ
◆お問合せ/NHKさいたま放送局(048-833-2041・平日:午前10時~午後5時)
◆関連リンク/NHKイベント・インフォメーション

〜おまけ〜

▲入口でもらった「いだてんグッズ」の中で、個人的には「天狗倶楽部」のワッペンが一番胸アツでした✨✨


※記事内の情報は2019年2月6日時点のものです。

スポンサードリンク