群馬県が「頭文字D」とのコラボイベントを開催するみたい。

群馬県が人気漫画「頭文字D(イニシャル・ディー)」とのコラボイベントを開催するみたいです。

<出典:initiald-gunma

このコラボは、漫画の主な舞台である群馬県が連載25周年のお祝いと地域の活性化を目的として行うそうで、8月1日(土)から実施されるみたいです😀

「頭文字D(イニシャル・ディー)」とは
しげの秀一による日本の漫画作品。それを原作にしたテレビアニメと映画を指す。
峠道において自動車を高速で走行させることを目的とする走り屋の若者たちを描いた作品である。
『週刊ヤングマガジン』(講談社)にて、1995年30号から2013年35号まで連載された。単行本はヤンマガKCより全48巻。
<出典:Wikipedia

漫画の主人公「藤原拓海」の出身地である渋川市(渋川駅前や伊香保温泉街)では、『頭文字D』デザインのマンホール蓋7枚の設置、マンホールカードの配布、デジタルスタンプラリー、ラッピングバス運行などが行われ、さらに群馬県全体でも様々なイベントを開催するとのこと✨

【群馬県渋川市「頭文字D」アニメツーリズム推進事業の概要】

<出典:渋川市

コラボイベントの詳細はコチラのサイトで確認できます💻

「頭文字D」ファンの方には嬉しいイベントではないでしょうか!

 


※記事内の情報は2020年7月30日時点のものです。

スポンサードリンク