寄居町の「春日局(かすがのつぼね)」【さいつうフォト】

『さいつう』スタッフや読者の皆さんが
埼北エリアの風景や街並等を自由気ままに投稿する【さいつうフォト】

今回は、【ダビスタ大好き】さんからの投稿です!

写真はコチラ↓


寄居町の「春日局(かすがのつぼね)」

【コメント】
春と秋(たぶん)に設置される寄居町のシンボルになりつつある(?)人形です。
毎回次は何かな〜と楽しみにしています♪
車の中から撮りました。



『さいつう』でも調べてみたところ、こんなのが見つかりました↓

寄居町の「交通安全啓発ドール」
春の全国交通安全運動に合わせて寄居町桜沢の国道140号と同254号の交差点に交通安全啓発ドール「春日局」がお目見えし、ドライバーらに交通安全を呼び掛けている。
製作したのは寄居地方交通安全PS(プロデュースサービス)委員会。毎年春と秋に設置し、77体目になる。
春日局は江戸城大奥の礎を築いた女性。徳川家光を支え、徳川政権の安定化に寄与した春日局に、高齢者(上様)を死亡事故から守ってもらうとの思いを託した。
ドールは、高さ4.5メートル、重さ約400キロ。体の軸は竹で、設置した近くの八幡大神社境内で育った孟(もう)宗竹を使用している。2月12日から作業を開始。廃材や牛乳パックなどを使い、延べ約350人が75日で仕上げた。地元の龍源寺の丹羽大恭住職も交通安全を祈とうしている。
<引用:埼玉新聞

交通安全の思いがちゃんと込められているんですね!
ちなみにこの「春日局の交通安全啓発ドール」は6月29日まで設置されるそうです🚗

以上、今回の【さいつうフォト】でした。

さいつうフォト大募集中!
皆さんが撮った埼北の写真待ってます!


※写真撮影日:2019年6月4日

スポンサードリンク