本庄市若泉にある「焼肉 犇こう(うしこう)」が埼北エリア唯一の神戸牛専門店にリニューアル!女性店長&料理長が最高級メニューをご提供♪【さいつう広告】

先日「さいつうグルメ」で紹介した『神戸牛 焼肉御膳』と『神戸牛 絹ロース重』が好評で、多くの反響をがあった本庄市若泉にある”神戸牛専門店”「焼肉 犇こう(うしこう)


本庄市若泉にある「焼肉 犇こう(うしこう)」のテイクアウト『神戸牛 焼肉御膳』と『神戸牛 絹ロース重』【さいつうグルメ】

2021.08.08

「そもそも”神戸牛”ってどんなお肉なの?」
「”神戸牛専門店”ってどれだけすごい事なの?」
「”神戸牛”の美味しさを改めて教えて!」


そんな声が『さいつう』にけっこう届いたので、今回は神戸牛専門店にリニューアルした「焼肉 犇こう(うしこう)」についてしっかり紹介していきま〜す!


<出典:神戸肉流通推進協議会

焼肉 犇こう(USHIKOU)


◆住所/埼玉県本庄市若泉2-1-25
◆営業時間/11:30〜15:00(L.O.14:00)、18:00〜22:00(L.O.21:00)
◆定休日/水曜日、他
◆駐車場/あり
◆関連リンク/ホームページFacebookInstagram

【地図はコチラ】

場所は「若泉第一公園」や「賀美橋(国登録有形文化財)」のすぐ近く。

店内はこんな感じ↓



▲「若泉第一公園」の景色を楽しみながら神戸牛をゆっくり堪能できる空間となっています✨


▲店長の倉澤さん(写真右)と料理長の高原さん(写真左)


▲倉澤店長はこれまで「ちえ」さんとして『さいつう広告』に登場していたのでご存知の方も多いかと思います✨

日本の4大和牛が堪能できる「犇こう(うしこう)」の新コースを食レポ!美味しいお肉で1年を締めくくりませんか?クーポンもありますよ!【さいつう広告】

2020.12.03


▲倉澤店長はオープン以来、中心メンバーとして活躍!
キャリアを積み、肉のスペシャリストとして晴れて店長に就任されました〜✨


▲料理長の高原さんは、オーナーに替わりスタッフの皆さんに的確な指示と指導を行いながら、うしこうのキッチンを任されています✨


▲女性ならではの丁寧かつ正確な包丁裁きで常連さんやスタッフの皆さんから多くの支持を得ています🎵


▲牛こうは、オーナーの本島さん(写真真ん中)を中心に運営されてきましたが、今後は倉澤店長と高原料理長を中心に営業していくそうです✨


▲オーナーの本島さんは現在「スミコウ ハナレ」という完全予約制の神戸肉専門店を群馬県某所に出店するために準備中✨

「スミコウ ハナレ」の最新情報はコチラから📲

神戸ビーフとは
兵庫県で生産された「但馬牛(たじまうし)」(黒毛和種)からとれる枝肉が一定の基準を満たした場合に、「但馬牛(たじまぎゅう)」の呼称の代わりに用いることが出来る牛肉のブランド名。
旧来の正式名称は神戸肉(こうべにく)で、一般には神戸牛(こうべぎゅう)とも呼ばれる。
神戸ビーフの証しとして、兵庫県の花であるノジギクを形どった刻印が押されている。

<出典・引用:Wikipedia神戸肉流通推進協議会

 

神戸ビーフの指定登録店とは
「神戸ビーフはどこで食べられるの?買えるの?」との声を聞き、『神戸肉流通推進協議会』では、2007年(平成19年)に地域団体商標登録を行い、繁殖農家を含む生産農家から販売先まで、すべて「指定登録制」にしています。
卸売店、小売店、飲食店では、店頭での「会員証」「指定証」「ブロンズ像」の掲示をしており、これらは本物の神戸ビーフを扱っているという証です。
<出典:神戸肉流通推進協議会


▲「焼肉 犇こう」のレジ近くには、「神戸ビーフ指定登録店」の証である『会員証』『指定証』『ブロンズ像』が掲示されています✨

神戸牛専門店』は埼玉県内に「焼肉 犇こう」を含めて3店舗しかなく、埼北エリアでは「焼肉 犇こう」だけとのこと!
ちなみに『神戸牛専門店』は群馬県にはないそうで、緊急事態宣言解除後の予約を群馬県の方から多くいただいているそうです👀


<出典:神戸肉流通推進協議会

そんな埼北エリア唯一の「神戸ビーフ指定登録店」である「焼肉 犇こう」のお肉を店長の解説と共にいくつかご紹介します✨

『カメノコ』

こちらのお肉は牛の腿付近にある”シンタマ”と呼ばれる肉の部位から取れるお肉です🐂
形が亀の甲羅に似ている事からこの名前がつけられており、肉質が繊細な赤身肉となっています👀
霜降りが少なく、さっぱりと食べて頂ける事から多くのお客様から支持を得ています🍖
また、焼きすぎると固くなってしまうので、当店ではおすすめの焼き方でスタッフが焼き上げさせて頂いております✨

『シンシン』

こちらのお肉も”シンタマ”と呼ばれる部位に属しており、先ほどご紹介した”カメノコ”の隣に位置しております✨
程よい霜降りがありますが、さっぱりとした味わいが特徴です🍴
当店では、にんにくを効かせた油味噌と一緒に食べることをおススメしています🐂

『ザブトン』

こちらの部位は別名”ハネシタ”と呼ばれ牛の背中(リブロース)の下にあります👀
お肉の白身の中でも高級部位に匹敵するザブトンは、食べるととろけるような舌触りが特徴です✨
サシがしっかりと入っていますが、脂っぽくなく肉らしい味が堪能できます🐂

『マルカワ』

後ろ足の付け根部分になります。霜降りが少なく、食べた時の肉らしい弾力が特徴です✨
赤身なのでさっぱりとしていますが味は濃厚です。
良く動かす足などの部位は硬いイメージがありますが、神戸牛のマルカワはとても柔らかい肉質です🐂

【神戸ビーフ・各部位の概要】

<出典:神戸肉流通推進協議会

「神戸ビーフ」の各部位の詳細情報はコチラからご覧いただけます💻

9月からスタートした「特製 三段重

(※ご予約はお受け渡しの10日前まで)

神戸牛に合うノンアルコールメニュー

なども好評だそうです✨
また、近日中に秋にしか味わえない新作メニューもお披露目予定とのこと💡


最新情報はホームページやお店のInstagramでご覧いただけますので是非チェックしてみてください!


▲また、Instagramのみで告知するお得な限定情報もあるので、気になった方はInstagramをフォローしてみてください📲

それでは最後に、大好評の神戸牛を使用したテイクアウトメニューをご紹介します✨



テイクアウトメニュー(PDFデータ)はコチラ📲

人気No.1
「神戸牛ハンバーグ御膳 1,650円(税込)

ハンバーグの大きさは200gとボリュームたっぷりで、神戸牛の「すね肉」「ネック(首のお肉)」「スジ肉」を使用しています✨
店で挽いたお肉をすぐにハンバーグの”タネ”にする事によって、非常に旨みが凝縮した肉々しく絶妙な口溶け食感を楽しめるハンバーグが出来上がります🎵

人気No.2
「神戸牛 焼肉御膳 2,000円(税込)〜」

▲神戸肉の希少部位の沢山詰まっていて「チョレギサラダ」や「人参ナムル」など野菜もいっぱい✨
また、テイクアウトメニューによくあるような「造り置き」などはしないので、どこから食べても最高の美味しさが堪能できます🎵

「神戸牛 焼肉御膳」の価格
◆3種類/2,000円(税込)
◆4種類/2,800円(税込)
※1種類につきお肉は3~4枚(お肉の種類はお店がセレクトします💡)

人気No.3
「神戸牛 絹ロース重 1,800円(税込)

牛の背中の部位にあたる「サーロイン」を贅沢に使用しています✨
また、お肉の下には牛蒡の炊き込みご飯が敷き詰められていて、絹ロースの旨味と相性が抜群です💡

「神戸牛 絹ロース重」と「神戸牛 焼肉御膳」の詳細はコチラからもご覧いただけます↓

本庄市若泉にある「焼肉 犇こう(うしこう)」のテイクアウト『神戸牛 焼肉御膳』と『神戸牛 絹ロース重』【さいつうグルメ】

2021.08.08


皆さん、いかがでしたか?
2018年に熟成肉専門の焼肉店としてオープンした「焼肉 犇こう」は、埼北エリア唯一の神戸ビーフ指定登録店として肉の旨味と質を追求し続けています!


気になった方は是非〜!!!!

特別メニューのご案内

10月4日(月)
「さいつう読者」&「焼肉 犇こう」のインスタフォロワーさん限定メニューとして
『最高級フレッシュトリュフをのせた100%神戸牛ハンバーグ(ライス・スープ・ドリンク付き)』をランチタイムに提供することが決定しました〜✨
価格は2,400円(税込)
こちらもお見逃しなく〜!


※記事内の情報は2021年10月1日時点のものです。
※この記事は有料記事広告です。

スポンサードリンク

さいつうパートナー